充電器

充電器

充電器 バイクの重要なパーツであるバッテリー、その重要性の割にウインカーが点滅しない セルが回らない等バッテリーによるトラブルの話をよく耳にします。
バッテリーにはメンテナンスが必要です。

HC12-1 オートクラフト トリクル充電器

充電器 HC12-1
出力:DC12V 1A
シールド型・ベント型(解放型)バッテリーいずれにも対応
アルプス計器P1210TRのOEMです。
手間いらずのトリクル充電機能付きのフルオートマチック充電器です。
つなぎっぱなしでも過充電しない低電圧維持充電(トリクル充電)機能付きだから冬の間つなぎっぱなしと言う荒業もOKです。
12Vのバッテリー(2.3~28Ah)ならこれ1台でOK
全自動充電で最適な充電条件で全自動充電が出来ます。
充電完了で自動的に充電終了しますので過充電を防げます。


→ バイク 買取.見積 http://www.bikebaikyaku.com/

注意点

■充電器について
気温は10~35℃が充電に最適です。
充電中は充電器の温度が上がります。

■ご使用上の注意事項
バッテリーを加熱・分解・改造・破壊しないで下さい。
漏液・発熱・爆発の原因になることがあります。

■保守・点検時の注意事項
36時間以上の充電はしないで下さい。
また、36時間を越えても充電が終了しない場合は充電を取り止めて下さい。
漏液・発熱・爆発の原因になることがあります。
シンナー・ガソリン・ベンジン等の有機溶剤や洗浄・科学雑巾でバッテリーの清掃をしないで下さい。
電槽に接触すると、電槽割れやクラックを起こし、漏液の原因になることがあります。
端子の腐食や漏液・電槽の変形など、これまでと異なる現象に気づいた時は使用しないで下さい。
漏液・発熱・爆発の原因のなることがあります。