ハロゲンバルブ

ハロゲンバルブ

ハロゲンバルブ 明るいヘッドライトは夜間走行の安全性を向上させるだけではなく他の車両からも視認しやすく危険回避にも効果的です。
ハロゲンバルブは、バイク特有の振動に大変弱いので、何の対策もしていなければ簡単に折れてしまいます。
バイク用の振動に強い、大変強く割れにくいバルブが、販売されるようになりました。

VESTEC

ハロゲンバルブ ベステックでは世界で初めてグラデーションを取り入れた多層膜コーティングによるハロゲンバルブの開発に成功。
グラデーションコーティングの最大の特徴は、自然な色変化を実現させたハイビームとロービームの美しい切り替え光を照射します。
グラデーション効果による色変化が自然なハイビームとロービームの切り替えキセノン光を実現し、美しい発光色を照射します。
ロービームには4900ケルビンの色温度を持つ美しいキセノンブルー光を、ハイビームには 4200ケルビンの明るいキセノンホワイト光を実現した、待望のキセノンツインカラーバルブです。
また、保安基準の色度に合致しているため、車検対応となっております。

ハロゲンランプ

ハロゲンランプが光る原理は白熱電球と同じで、内部のフィラメントに通電し、これを白熱させた際の発光を利用します。
一般の白熱電球より明るくなるのは、フィラメントが白熱する際の温度が高いためです。
通常の白熱電球の場合に比べ、後述の理由によりフィラメントの温度を高く設定しても寿命を得ることができます。
白熱電球の場合は、フィラメントの温度が2500℃から2650℃程度ですが、ハロゲンランプでは2700℃以上と高く、その分だけ明るくなります。
光の色が白熱球で赤みを帯びているのに対し、ハロゲンランプでは白いのは、フィラメントの温度の差を表しています。